0円リフォームについて

お家の修理修繕・リフォームをする前に、助成金や火災保険が活用できるかまずは確認を!

知ってる方が少ないですが、外壁塗装やリフォームは、適切な手続きを取る事により、国や自治体からの助成金やご加入の火災保険を活用する事で費用を安く抑える事ができます。

助成金が使える様になった事で、今まで費用が高くてリフォームや修繕が出来なかったという方も、費用を抑えて修理修繕・リフォームが出来る様になりました。助成金を活用する事を知らないのはかなりもったいないです。ご活用をお考えの方は電話かまたは下記よりお問い合わせください。

火災保険でリフォームできないものがありますのでご注意ください!!

【火災保険でリフォームできないもの】

・経年変化による破損
・修理したことがある箇所の雨漏り
・新築時から雨漏りしている
・増築などの工事後の屋根瓦の割れなど


保険適用外になります。

但し、経年変化で破損したのか、自然災害で破損したのか分からない場合には、第三者機関の保険鑑定人に調査してもらうこともできます。また、自然災害ではない破損や雨漏りなども、リフォームの補償対象にはなりませんので一度しっかりとプロに見て貰う事をお勧めします。ただし、中には悪質なリフォーム業者と契約をしてしまいトラブルに巻き込まれたという事もある様なので注意が必要です。

よくある質問

Q.保険金詐欺になるのでは?

A.例えば、老朽化した建物が災害に遭った場合、被害に遭った部分以外の「古くなって壊れている部分も、災害で被害に遭った」などと、嘘の申請請求ができると言われるトラブルがあるようです。虚偽の保険金請求申請は保険金詐欺に当たることもあるので、注意しなくてはなりません。「ついでに老朽化した部分も請求できます」というようなことを言われたら、どういうことなのかしっかり確認しましょう。

Q.うちの保険でも大丈夫?
A.まずは加入している火災保険の契約書を確認しましょう。
火災保険の証券に自然災害「風災・雪災」が入っている場合は適応になります。しかし昔の保険は「風災」がオプションになっていたる可能性がありますので、その点も注意が必要です。まずは火災保険の加入と保険の適用範囲をすぐに確認しましょう。わからない場合は電話または
メールもてお問い合わせください。

Q.リフォーム会社の訪問販売はどうですか?

A.自然災害があった地域にリフォーム会社が訪問してきて、強引に契約させられてしまったので、解約しようとしたら、法外な解約金や申請代行料金を請求されたという事がある様です。訪問販売の場合は、すぐに契約しないで冷静によく考えてから契約するようにしましょう。

Q.トラブルにならないか不安

A.負担金なしで修理できると言われて契約しましたが、実際には保険対象外が多く、自己負担する金額が多くなってしまったという場合。この様な場合は、実際に負担金ゼロで修理できることもありますが、見積書の内訳をしっかりと確認し、修理個所などが明確に示されていなかったり、曖昧だったりした場合は注意しましょう。お困りの場合はお電話またはメールにてお問い合わせください

Q.屋根・樋にも適応出来ますか?

A.一般住宅の屋根・樋の被害は多いです。
一般の方が屋根に登る機会は少ない為、実際上らなければ確認できない事が多くあるので、家の状態が深刻な状況でも自覚症状が無いため、雨漏れなどの被害が多く見受けられます。屋根・樋の被害はそのままにしておくと、雨の染みや雨漏りなどの深刻な被害に繋がりますので定期的な点検が絶対に必要です。

Q.シャッターボックスやシャッターにも適応出来ますか?
A.シャッター部分は他の外壁の部分に比べ軽く薄いため、強風による飛来物の衝突や、風に煽られる事で歪みや凹みに繋がってしまう事が多い箇所です。見た目や防犯面も気になる箇所ですが、自動開閉式のものだとデリケートなため開閉できなくなってしまいますので、早めの調査・修繕が費用を抑えることに繋がります。

Q.フェンス・敷地内の付属物にも適応出来ますか?
A.保険は建物ではなく建物の付属物や敷地内にあるものに対しても掛かっているケースがほとんどです。
・付属物として/太陽光パネル・看板・メーターボックス
・敷地内のもの/フェンス・外灯・ポスト など

ただし、特約などで加入されてない場合もありますので確認が絶対に必要です。後々のトラブルを避ける為にも相談のみでもお気軽にお問い合わせください。電話または、下記のお問い合わせフォームにお問い合わせください。

お問合わせフォーム