瓦と言っても

October 21, 2018

どうも!


施工部門に配属になってまだ1ヵ月半の新人

 

【オオタニ】でございます。

 

事務と兼任です。

 

サッカーで言えばMF的なポジション。
時には塗装部の応援にも向かいます(`・ω・´)ゞ

 

 

本日10月21日は、

 

  • 関ケ原市 K様邸の太陽熱温水器の撤去

  • 笠松町 G様邸の太陽熱温水器の撤去

 

をメインとした業務。

 

 

向かう途中に寄ったサービスエリア

 

観光客でにぎわっていましたね。

 

同行のベテランの先輩は食事、自分はトイレ。

車に戻ると、鍵がかかっており入れない💦

 

財布もない自分は、セルフの無料の緑茶のコーナーで待ちぼうけw

 

 

 

気を取り直し向かうは、「関ケ原!」

 

“天下分け目の関ケ原”

 

 

徳川軍と石田軍が決戦した地です。

 

 

 

一件目のお客様のお宅に向かう途中に、

 

関ケ原の戦いの合戦場跡地があり、
秋祭りイベントが行われていました。

 

 

屋根での作業中は、イベントのライブステージの音源が聞こえてきました。

 

 

気になる太陽熱温水器と屋根はと言うと

 

 

朝日ソーラー性の太陽熱温水器、
屋根はセメント瓦。

 

 

和瓦の場合は、瓦自体のメンテナンスは基本必要なく、

必要なのは、下地の漆喰。

 

 

セメント瓦はと言うと、防水性はありません。

塗料によって防水性を発揮しております!

 

 

そのため、防水性の維持のため塗装が必要となります。

和瓦比べ安いですが、耐久性が弱いので10年周期での手入れが必要。

 

 

撤去作業自体は滑ることなく安全に行えましたが

 

残念ながら手入れの時期を迎えておりました。

 

事実をお伝えした所、

 

同級生が塗装業者という事で、無事に解決そうです。

 

 

 

二件目のお宅は和瓦。

 

ですが、

 

お家の築年数はかなりのもので、

最低限の手入れとして、台風と地震対策での太陽熱温水器の撤去依頼でした。

 

 

肝心の太陽熱温水器はナショナル性

 

ナショナル、松下というブランド名は廃止され、

パナソニックになっております

 

 

ということは、かなりの年代物💦

 

 

 

通常、屋根上のタンクとパネルは分解できるのですが

 

 

これは一体型。

 

年代物ほど撤去も、想定しておりません。

 

 

 

株式会社きよし では屋根を傷つけないように

人力で撤去を行いますので

 

負担が増えます。

 

 

それでも、安全確実に撤去を行うのが

 

株式会社きよしです

 

 

本日の撤去作業は終了です。

 

 

それにしても、作業中の汗は曲者。

 

夕方になると、いっきに冷え、着替えがしないと風邪をひきます

 

皆様も衣類の調整をしっかり行ってくださいね!

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

August 26, 2019

April 28, 2019

April 14, 2019

March 31, 2019

March 29, 2019

March 24, 2019

March 23, 2019

March 17, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square